システック 貿易管理 - 貿易システムのシステムラボ

システック 貿易管理

システック 貿易管理


システック(安全保障貿易情報センター)の貿易管理に興味のある方へ。国際的な取引の発展と平和・安全の維持を目的として、経済産業省による貿易管理が行われています。輸出入承認制・輸出許可制・関税割当制などにより、特定の国・地域・貨物の取引が制限されていますので、取引先との契約が成立していても、自由に輸出入できないことがあるのです。

貿易管理により規制されている輸出入を行う時は、申請手続きを行わなくてはなりません。輸出する場合は、取引する国や貨物の内容に応じて、輸出の許可または承認を得る必要があります。申請の窓口は、輸出する品目により、貿易審査課や税関などとさまざまですので、事前に窓口や申請方法を確認しておくようにしましょう。

システック 貿易管理

また、輸入する場合は、貨物の内容などによって、輸入割当・特定地域規制・全地域規制・事前確認・通関時確認のための手続きを申請する必要があります。これら輸入に関する手続きは、輸入品から国内の産業を保護する目的もあり、関税割り当て制では、国内で販売できる数を制限すると共に、輸入量に応じて関税率を段階的に引上げるものとなっています。

このように貿易業務は専門的な内容を含む上、内容が多種多様に渡り、適切に処理するために貿易管理システムを利用する企業が増えています。貿易に特有の処理を備えた管理システムを使えば、作業に必要な時間を大幅に効率できて、ミスも減らすことが可能になるからです。システック(安全保障貿易情報センター)の貿易管理に興味のある方も参考にしてみて下さい。

システムラボの国際取引統合システム、GX シリーズは会計との連動で貿易業務効率を大幅に改善する貿易管理システムで、船積書類・LC管理など貿易業務に必要な処理を網羅しています。 貿易管理のシステムやソフト、セミナーをお探しの方、eu、カナダ、シンガポール、スイス、スウェーデン、タイ、ドイツ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、英国、欧州、香港、台湾、米国などの貿易管理でお悩みの方は、是非一度ご相談下さい。

システック 貿易管理